バイアグラの利点と副作用

満足のいく性交が出来なくなる症状の所謂勃起障害を抱える男性は意外に多いものです。
その理由は様々で、精神的なものから肉体的なものがあり、症状の改善には原因に沿った治療が必要です。

そんな勃起障害を一時的に解消してくれるのがバイアグラです。
元は狭心症の薬として開発をされたバイアグラですが、それとは別の効能が認められ、今では勃起障害の症状を改善する薬として使われるようになりました。
バイアグラは性交の一時間ほど前に服用する事で効果を発揮します。
服用しただけでは勃起状態にはならず、そこに性的な興奮や刺激が必要です。
この薬の良い点として自分のタイミングに併せて効果を得られるだけでなく、原因に関わらず症状が改善されるところにあります。
薬一つで悩みが解決出来るのは勃起障害という問題をお持ちの男性には嬉しいですよね。

しかし、その一方で薬剤にはお決まりの副作用への注意が必要です。
服用の仕方を一つ間違えるだけで、命を落とす事がある可能性も忘れてはなりません。
バイアグラの主な副作用は頭痛・火照り・胃の不快感などがあります。
このような副作用を感じられるのは、およそ一割程度の方と言われています。
健康な成人男性であれば、ごく軽い副作用のみで、薬剤として副作用が少ない部類だと言えるでしょう。

しかし、ここに糖尿病や心臓病などの持病がある方、肥満や高齢である等の特徴のある方には、時として危険な薬にもなりかねません。
特に日頃から他の薬を飲んでおられる方は、必ず医師への確認が必要です。
元が狭心症の薬ですので、同等の薬を服用されている場合は絶対に服用してはなりません。
これからに当てはまる方に心配される重い副作用は、突発性難聴や一時的な視覚障害、勃起の持続などがあります。
中でも勃起の持続が四時間以上続く場合は、組織の損傷を招くため緊急で病院へ行き、瀉血をしてもらう必要があります。
バイアグラでの死亡が報告されているのは、このようなリスクの高い方に多く見られるので、好き勝手に飲んで良い薬では無いと理解する事が大切です。
また、効かないからといって、用量以上に飲む事も絶対にしないようにしましょう。

バイアグラの処方は医師の診断無しにはあり得ません。
充実した性生活を送るためには、薬の裏側を知って安全に服用するようにして下さい。
また、バイアグラで得られる効果は一時的なものでしかありません。
治療で治せるのであれば、根本治療と並行しながら上手く薬と付き合っていく事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です